よくある質問について

サービスについての質問

従業員に入社から退社まで、また世の中の社会保障体制の周知説明はしてくれますか?
最近多いご相談になります。会社が人を雇用すると給料以外に諸費用が発生します。
会社が負担する費用もありますし、従業員さんがその分恩恵を受ける部分もあります。
それを会社が説明するよりも、第三者である専門家から説明を受けた方が効果があります。
そこから、人を育てる研修などに結び付けると従業員のモチベーションが上がります。
離職率が高いのが悩みです。
離職率が高いと、その人材を補うために採用コストが増えます。
また、職場のノウハウも承継されない、人が決まるまで経営者が動いてしまっているなど、
実は会社にとって相当なマイナスになっています。
必ず原因がありますので、そこを突き止め解決すれば離職率は下がります。
役員会議などに参加してほしいときがあるのですが?
もちろん参加させていただきます。議論の中でよいアイディアが出ることもあります。
社長・税理士さん・社労士さんの三者会議は経験上、すごくいいと思います。
社内にいる担当者を育ててほしいのですが可能ですか?
可能です。担当者の人事労務のレベルを確認させていただき、例えば月に1度議論する時間を設けます。
教えるというよりかは実務に照らし合わせて議論した方が応用力が付きます。
よくあるご相談は、あまり社内のこと、人事のことがわからない後継者に付いてくれないか?ということもあります。

費用についての質問

費用はどのくらい掛かりますか?
業務の内容・量などについて変わりますのでお見積りをご提出します。
その上で、双方よく話し合い合意の上決定しています。
顧問費用が心配なのですが何かいい方法はありますか?
顧問制度は原則1年単位になります。その後、例えばバージョンを落として割引なども柔軟に対応しますのでお気軽にご相談ください。

事務所についての質問

一度相談に乗っていただきたいのですがどうすればよろしいですか?
ありがとうございます。メールまたはお電話にてご予約をお願い致します。
基本的には私から伺います。当事務所でのご相談も承ります。
社会保険労務士さんにはどのようなご相談をしたらよろしいですか?
一言でいうと、会社の『人』に関することが当てはまると思います。
・会社の雰囲気がよろしくないので何か研修をしてほしい。
・人が増えてきて、そろそろ社内の整備や就業規則、給料計算の不備が心配だ。
・残業代支払っていないけど大丈夫ですよね?
・組織を活性化させて従業員にも働いてよかったと思える会社にしたい。
・人を採用したいのだけど研修してほしい。
・従業員に社会保険や労働保険の仕組みを説明してほしい。
など、人を採用している限り人の悩みは尽きません。
相談したいなと思いましたら、『ベアーズのくまちゃん』を思い出してください!
顧問契約のメリットは?
顧問制度は、原則毎月いくらという固定費用でいつでもご相談や手続き、給与計算のサービスを行うものです。
また、トラブル発生時、法改正時の対応、最新情報の提供など最優先でご対応をさせていただきます。
社内整備書類なども顧問範囲内かつ、顧問範囲外業務は割引が適用されますのでお得です。
何より、社会保険労務士のくまちゃんに何でも相談できる。任せておけば大丈夫だという安心感・信頼関係が出来て安心して本業に邁進していただけます。
うちには税理士さんがいるけど社会保険労務士さんは必要なの?
労働環境は一向に複雑化しているため、税理士さんから社会保険労務士範囲の業務に対する確認の質問が入ることが増えました。
そもそも、税理士さんは税金の専門家であって、労働保険・社会保険・人の専門家ではありません。
私どもがうるおぼえで税金のアドバイスをしていることと同じことになります。手続きの代行も違法になります。
御社のことを本当に考えている税理士さんほど、社会保険労務士さんを紹介してくれます。

ご挨拶

経営者視点で社長と後継経営者の軍師に!

当事務所HPにお越しいただき誠にありがとうございます。

私は、常にお客様にどういったことをご提供できるのだろうかと考えています。今まで多くのお客様の人事労務問題に携わり、色々な問題をお客様と一緒になって考え解決してきました。実務を通して感じることは、やっぱり「人の問題」は難しいこと、そして「人の問題」を相談する信頼できる人・場所が少ないことだと思います。
いまでこそ、とあるお客様を訪問すると、「軍師!よく来たな!」と社長さんにお声を掛けられるようになりましたが、人事労務問題をアドバイスする専門家である社会保険労務士は文字通り「軍師」であることが求められます。

経営者は経営に関する悩みについては「孤独」であることも実感しています。私の役割は、人事労務を通して経営者とともに人・組織が活性化し事業経営の維持発展に貢献することです。また、経営者の悩み事で常に上位あるのは、実は「人事」だということをご存知でしょうか。会社経営をする中で注力する1つに「人事」は絶対に忘れてはならないと思います。

当事務所は、社外人事部としての機能を併せ持っています。例えば、年収500万円くらいの優秀な人事部長を雇おうとしても恐らく難しいでしょう。100人未満の中小企業においては、人事責任者は不要と考えます。他業種の人事労務問題を経験している社会保険労務士が社外人事部長としてアドバイスをさせていただきます。また、給与計算や労働・社会保険の手続きなど、利益を生まない間接部門をアウトソーシングしていくこともこれからの中小企業には欠かせないことだと思います。

助成金の利用も強くお勧めしています。融資も必要だと思いますが、返済不要の助成金獲得の知恵を提供させていただいており、お客様には喜んでいただいております。実際に数百万から数千万の助成金を獲得しているお客様もおります。

そして、当事務所の特徴として上記以外にも、
①後継者・後継者経営に対して詳しい
②管理職や組織活性に対する研修が可能
③行政書士とのダブルライセンス
があります。

これから、2代目、3代目への事業承継が加速してきます。息子、娘に会社を託したいが本当に経営ができるのか?そういった不安は必ずあります。この問題は、後継者が主体的に経営者としての力を付けることが最も大切です。部長や専務として日々の仕事に汗をかいているだけでは、社長としての力は付きません。まずは会社の現状把握が事業承継の第一歩となります。また、管理職研修や組織活性化研修についても常に最新のツールを仕入れ研究しお客様にご提供させていただいております。行政書士業務としては、建設業許可に力を入れており、新しく許可を取りたいという会社さんに対応しています。最近では許可がないと業務を受注ができないという事例も増えています。社会保険や労働保険も必須なので、ダブルライセンス事務所としてワンストップで対応が可能です。

当事務所は現在、4名体制で業務に対応しています。「責任と行動」が当事務所の経営理念です。仕事に対しては責任を持つこと、そして適切で有効な行動を取ることを心掛けております。社会保険労務士を探している、腹を割って何でも相談できる人に顧問をお願いしたい、労務問題の予防を考えている等、ご要望がございましたらいつでも当事務所にご連絡いただければと思います。

長年野球をしておりました私は、野球チームのような会社にしたいという意味を込めて、そして私の名前の熊を取って事務所名を「ベアーズ」と名付けました。ぜひとも「ベアーズ」をよろしくお願い申し上げます。

東京都社会保険労務士会(登録番号 第1316973号)
東京都行政書士会 (登録番号 第8159 号)
社会保険労務士&行政書士事務所 ベアーズ経営労務コンサルティング 代表
株式会社後継者の学校 代表取締役
熊倉智光

熊倉智光ブログ新着情報

ご予約・ご相談 お電話でのご予約03-5831-0075 当サイトからのご予約 フォームからのお問合せ ※フォームでのお問合せは24時間受付しております。 営業時間9:00~18:00 お気軽にご相談ください!お待ちしております!